ワットチェックダイエットin新潟 報告書~概要版~

取り組みの概要“みえる化”って?なにがわかった?参加者の声PAGE TOP

何のための取り組みなの?

家庭の中で電気はどんなところにどのくらい使われているのでしょうか?公益財団法人新潟県環境保全事業団(新潟県地球温暖化防止活動推進センター)では、こんな疑問に答え、効果を実感しながら無理なく省エネ(節電)に取り組んでいただくためのモデル事業(環境省補助事業)を実施しました。

どんな人が参加したの?

◎3市で実施

今回はモデル事業として、新潟市、長岡市、上越市の3市にお住まいの家庭にモニターとして参加していただきました。

◎夏と冬に実施

家族ぐるみで省エネに関心をもっていただくため、小中学生を含む3人以上の家庭を中心に、“夏の節電”編(50家庭)と“冬の節電”編(30家庭)の2回に分けて実施していただきました。
【夏の節電:8月の1ヶ月間】 【冬の節電:12月、1月の2ヶ月間】

ワットチェックダイエットin新潟 共同推進事業体(コンソーシアム)

幹事:公益財団法人新潟県環境保全事業団(新潟県地球温暖化防止活動推進センター)

新潟気軽に省エネくらぶ 新潟県環境保全ネットワーク
新潟県環境企画課 NPO法人 新潟県消費者協会
NPO法人 エコネットにいがた 新潟市環境政策課

取り組みの概要“みえる化”って?なにがわかった?参加者の声PAGE TOP

“見える化”ってどうするの?

○無理なく効果的に節電するにはどうしたらよいのでしょう?

電気は目に見えないので、節電の効果はすぐには分かりにくいものですね。
そこでこの事業では、家庭の電力消費の状態がいつでもリアルタイムで見られるようにする(「見える化」)ために2つの簡単な計器を利用していただきました。

その1.ワットチェッカー

テレビや冷蔵庫、エアコン、電子レンジなど、身の回りの電気製品の消費電力(1秒間に消費する電力:W)が、接続するだけですぐにわかります。

一番電気を使う家電は何?
待機電力ってどのくらい?
ご飯を炊くのには、どのくらいの電力が必要になるの?

その2.省エネナビ

家庭全体の電力使用の状況が、グラフと数字でいつでもリアルタイムで見ることができます。
「去年の同時期」「それよりも1割削減」など予め目標を設定しておけば、赤色ランプがその達成状況を教えてくれます。
電力の使用状況を、前日、前々日、先月などと遡ってグラフ表示で比較できるので、節電の目安や張り合いにもなります。
設置はお任せ下さい。ご希望により事務局が訪問し、ナビのセットや説明も行います。

取り組みの概要“みえる化”って?なにがわかった?参加者の声PAGE TOP

なにがわかったの?

その1 二山形・雪国型

電力使用の時間変化は朝と夜にピークが出現する二山形で、特に冬期にその傾向が顕著に現れました。また、積雪寒冷地の新潟では冬期は夏期に比べ全体的に使用電力量は大きくなっています。

この傾向は、家庭では冷・暖房器具の電力使用量が大きな割合を占めていることを反映しています。(節電のチェックポイントです!)

その2 昨年は特別の年 今年は?

夏、冬の日変化を(表-2)に示しました。中・下旬まで続いた8月の高温の影響や冬期の電気使用量の大きさがうかがえます。

東日本大震災の影響もあり、昨年は社会全体で節電が強く求められた年でした。

そこでモニターの皆様に、今年も含め3年分の月別電気使用量を教えていただきました。その結果は右の表のとおり。モニター家庭の夏期(8月)の平均電力使用量は、猛暑にもかかわらず昨年並みにとどまり、一昨年と比べると17%の削減となっていました。

また、冬期(12月・1月)の平均電気使用量は、ほぼ同じレベルで推移しています。

モニター家庭の皆様の頑張りとともに、節電の意識が着実に浸透してきていると言えるのではないでしょうか。

その3 我が家の取り組み結果は?

モニターの皆様には、取り組み期間終了後、結果概要をグラフ化してお届けしました。全体と比べることで見えてくる節電のヒントもあるのではないでしょうか。

その4 こんなことに取り組みました。

取り組み終了後のアンケートによれば、モニターの皆様はこんな取り組みを実践していました。

<夏の節電>
「不要な照明の消灯」や「無理のない範囲でエアコンを消し、扇風機を使う」など7つの節電メニューは半数以上が取り組みました。
LED照明への取り替えや日中の外出行動を心がけることも広がりつつあります。
反面、猛暑の影響か、エアコンの設定温度を抑えることは56%にとどまっています。

☆こんな取り組みも報告されています!
「夜間照明を消す」「グリーンカーテン(多数)」
「冷蔵庫のフイルムカーテン」「夜は氷枕」「打ち水」「家族で過ごす」・・・

<冬の節電>
節電メニュー10項目中、9項目に5割以上の方が取り組まれ、中でも「不要な照明は消灯する」ことには100%実施と、節電意識の向上が伺えました。
また、LED照明への取り替えも、48%にのぼっています。

☆こんな取り組みも報告されています。
「厚手のスポーツソックスを着用」
「コンセントのほとんどにスイッチ付きプラグを使用」
「60A→50Aへの引き下げ」

■主な節電メニューの実施率(8月)
      実施率(%)
エアコン 設定温度を2℃あげる。(28℃以下にしない) 56
2週間に1回程度フィルターの掃除をする。 54
無理のない範囲でエアコンを消して、扇風機等を使う。 68
冷蔵庫 設定を「強」から「中」に変える。 58
食品を詰め込みすぎない。(詰め込んだ状態から半分にした場合) 34
温水便座 節電機能を利用するか、節電機能のない機器は、
電源プラグをコンセントから抜く。
54
テレビ 「省エネモード」に設定する。(画面の明るさをおさえる) 63
照明器具 不要な照明は消灯し、必要最小限に。 83
白熱電球をLED電球に取り替える。 22
待機電力 本体の主電源を切り、長時間使わない機器(エアコン、パソコン、
DVDレコーダー等)は電源プラグをコンセントから抜く。
41
【外出】   日中、旅行や外出(図書館、買い物等) 24

※実施率:期間の半分以上取り組んだモニターの率


■主な節電メニューの実施率(冬)
      実施率(%)
エアコン
暖房器具
重ね着などにより、室温は20℃を目安にする。 75
窓に厚手のカーテンを掛ける。 75
同じ部屋で過ごすように心がけ、室温を控えめにし、コタツや
電気カーペットなどの効率的な部分暖房を活用する。
88
照明器具 不要な照明は消灯する。 100
白熱電球をLED電球に取り替える。 46
テレビ 画面の輝度を下げ、必要のないときは消す。 83
冷蔵庫 設定を「弱」にし、開閉時間をできるだけ短縮する。 88
食品を詰め込まない。 75
ジャー炊飯器 早朝に1日分をまとめて炊き、保温機能は使用せず、冷却後
冷蔵庫に保存する。
63
温水便座 便座の保温・温水の設定温度を下げ、不要時はふたを閉める。
92
待機電力 本体の主電源を切り、長時間使わない機器(エアコン、パソコン、
DVDレコーダー等)は電源プラグをコンセントから抜く。
63

※実施率:期間の半分以上取り組んだモニターの率

取り組みの概要“みえる化”って?なにがわかった?参加者の声PAGE TOP

こんな声が寄せられました!

今回ご参加いただいたモニターの皆さんから寄せられた声の一部をご紹介します。

◎自分自身が感じたこと・・・

当日と前日の比較や、時間帯ごとのグラフ表示で、生活パターンの違いでいかに電気量に差があるかが分かりました。 (長岡市 48歳 女性)

掃除機、扇風機、ドライヤー、除湿機等、強弱がスイッチできるものの消費電力には大差があることを知った。 (長岡市 42歳 女性)

リビングに置かれた表示器を、家族が毎日眺めて「朝からもう赤になったね」とか「今日はまだ青だね」と常に話題に上り、気にしながら楽しく節電ができました。 (長岡市 49歳 女性)

◎家族にも変化がありました・・・

実際にワットチェッカーで消費電力を調べることにより、電力の具体的なワット数がわかり、何がどれくらいの電力を消費しているのか把握できて良かったです。子供たちも自由研究の材料として活用していました。 (新潟市 45歳 男性)

夏休み、大阪より中学二年生の孫が遊びにきました(彼は夜中もエアコン、電灯、パソコン、ゲーム)「なんだこの青いランプ?」と興味深々。おかげで扇風機をつけたりして気をつけて生活していました。 (新潟市 64歳 女性)

夜、子供が部屋の電灯をつけ放しで寝ると、朝から赤ランプがつき、子供が自身で気をつける様になった。 (上越市 45歳 女性)

自分自身の発見とともに、省エネの意識が家族のみなさんにも波及したようです。
省エネは、「面倒」「大変」だと思う方もいらっしやいますが、
省エネナビを使えば、家族みんなで「楽しく」省エネができます!
ぜひ、みなさんも、家族でそして周りの方と一緒に、やってみませんか?

◎ お問い合わせ ◎

公益財団法人新潟県環境保全事業団
(新潟県地球温暖化防止活動推進センター)
〒950-2144 新潟市西区曽和1182番地 TEL:025-264-2144 FAX:025-239-5755

取り組みの概要“みえる化”って?なにがわかった?参加者の声PAGE TOP