エコ活動のひろば

新潟県内のエコ活動

 新潟県内のエコ活動、地球温暖化防止活動推進員の活動を紹介します。推進員活動やエコ活動の交流にご利用ください。

◎ エコ活動 ( 推進員 )

地球温暖化クイズにチャレンジ
テーマは4つ「地球温暖化」「酸性雨」「森」「水」
親子でチャレンジ中 地球温暖化の影響
雪が溶ける・間伐・島が沈む・大雨・氷が溶ける・サンゴ白化など写真とコメント掲示する
2016/12/28
「暮らしと環境見直しませんか」~省エネ活動(梅田推進員 他)
「環境フェスタ村上2016」において、環境・地球・温暖化・省エネなど、わかりやすく知ってもらい、地球温暖化防止の意識啓発を行うことを目的に、ゴーヤ苗配布、環境クイズ、展示などを行いました。
 
温暖化問題のお話を聞く。
 プランター設置後、園児達に集まってもらい、グリーンカーテンの必要性及び効果について説明、毎日の水やりを約束。それから、室内での温暖化についてお話をしました。 グリーンカーテンの前で記念撮影
 ゴーヤが伸びた頃に園を訪問して、みんなで記念撮影。その後に地球温暖化についてお話をしました。
2016/12/27
幼稚園にゴーヤグリーンカーテンを設置
佐渡市の地球温暖化防止活動推進員(小島推進員 山城推進員 橋本推進員 中川推進員)は、佐渡市内の7幼稚園にプランターを設置し、ゴーヤを植付け、地球温暖化防止を実感してもらう活動を行いました。
 

小学生のパワーだけではなかなか点灯せず、大人も参加し大いに盛り上がりました。
2016/12/07
平成27年度 出雲崎町生涯学習フェスティバル(近藤佐敏推進員)
 出雲崎町では毎年文化の日の11月3日に生涯学習フェスティバルが開催されます。そこでこの数年、町民の皆さんに環境問題に興味を持ち、地球温暖化防止に関心を持って戴けるように環境啓発ブースを開設しています。スタンプラリーにも参加し手回し発電機により特に小学生に楽しみながら発電の大変さを体験してもらいました。発電機を一生懸命に回しても小学生のパワーだけではなかなか点灯せず、大人も参加し会場は大いに盛り上がりました。
 
春の草刈り
例年6・7月草刈りを行い、11月には冬囲いを行っています。
例年4月第3~4週に「フキノトウ祭り」、6月第1週に「フキ刈り祭り」を行っています。
2016/12/07
繁窪・緑百年物語(山本勝利推進員)
①村の森づくり・繁窪・緑百年物語
 平成11年10月~平成14年11月にかけて、ブナの木等を植樹し、区民は一年に半日3回、一軒につき一人労働奉仕を行い、春・夏の草刈り、補植、目印杭打ち、冬囲い等を行っています。
②「フキノトウ祭り」「フキ刈り祭り」開催
 平成11年から年2回の草刈りを励行した所、平成18年頃からフキノトウ、フキが繁茂し、平成20年頃から「フキノトウ祭り」等を行い、参加者は例年70~90人に及んでいます。
 
フライング
開始前のセッティング中にも関わらずどうしてもやりたいと若い三人組がマイ箸づくりを始めてしまいました 
超人気のマイ箸づくり 
終了時間前に用意した100膳全て作り終えてしまいました
2016/12/07
間伐材でマイ箸づくり(白井智雄推進員)
 新潟市環境フェアにおいて、マイ箸づくりを行いました。木の香りが良く手軽にマイ箸が自分の好みで作れると好評でした。捨てられてしまう間伐が、暮らしに役立つことを実感でき、手応えを感じました。
 ポスターやチラシで間伐材の必要性も良く理解していただけました。

 マイ箸を持ち歩けるよう、用意した千代紙で箸入れも折ってもらいました。
 
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ >